いぼ切除で綺麗になろう【カウンセリングを受けやすいので安心】

  1. ホーム
  2. 簡単に終わります

簡単に終わります

女性

最新の治療法とは

いぼの切除は皮膚科や美容皮膚科で行うことが出来ますが、皮膚科でやってもらったほうがお得に出来ます。なぜなら、皮膚科でやってもらった場合は保険が適用されますが、美容皮膚科で行っても保険適用外となってしまうからです。炭酸ガスレーザーでいぼを切除する方法は最も一般的になっていて、短期間で終わるため人気があります。炭酸ガスレーザーは1度行うだけで治療が終わりますが、保険適用外となるため費用も高めなのがデメリットです。炭酸ガスレーザーを照射するときに少し痛みがありますが、麻酔をすることが出来ますし、短時間ですのであまり心配はありません。また、再発もないですし、イボを切除した跡も残らないので、美容的にもおすすめできる方法です。2つ目の方法として液体窒素を使って冷凍切除する方法がありますが、この方法は保険適用がされますので、安価に行うことが出来ます。液体窒素を使う方法は炭酸ガスレーザーよりも安いので、とにかく安く仕上げたい人に人気があります。しかし、麻酔を使うことがないので、痛みがありますし、イボを除去した跡が残ることもあるのでそこはデメリットとなります。ハサミで直接切除する方法もありますが、出血しますし痛みもある方法です。いぼを皮膚科などで除去してもらうときに掛かる費用は、いぼの数や大きさで変わってきますが、1000円から1万円程度であることが多いです。治療が終わるまでにはどれくらいの期間が掛かるのかも知っておいたほうが良いでしょう。炭酸ガスレーザーとはさみによるいぼ切除は数と大きさにも関係してきますが、基本的には1日で治療が終わります。一方で液体窒素を使った方法では少しずつ切除していくため、数か月間掛かってしまうこともあります。治療法はこちらで決めることが出来れば良いのですが、実際にはいぼの大きさや数などによって医師が判断することです。大きさが直径1cmを超えると炭酸ガスレーザーで根本から切除する方法がほとんどです。レーザー治療では保険適用外となり、治療費は全額自己負担となるため高額になるので要注意です。いぼは年々大きくなっていく特徴がありますので、見つけたら小さいうちに切除しておいたほうが良いでしょう。ここで注意してほしいのが、決して自分でハサミによって切除しないことです。完全に除去することが出来ず返って大きくなったり、広がったりしてしまうことがありますし、跡が傷として残ってしまうためです。皮膚科ではキレイに除去出来るため、満足出来る仕上がりになります。