いぼ切除で綺麗になろう【カウンセリングを受けやすいので安心】

  1. ホーム
  2. 自分を好きになるポイント

自分を好きになるポイント

女性

気になる場所を美しく

手で触って確かめられるいぼは、気になるからといって必要以上にいじってしまうと、赤く腫れてしまうことがあります。いじらないでいるのが基本ですが、気になってしまうからこそ、つい触ってしまったり、大きく変化していないか確認したりしてしまうようになりがちです。自分で触って不安になるよりは、切除したほうが精神的に解放されると自覚した場合は、美容外科もしくは美容皮膚科に相談します。いぼの見た目は、腫れているほくろのようであるため、切除するだけでなく、術後に傷跡にならないように配慮する必要があります。美容外科は傷跡にならないように縫合する技術が優れていますので、どのような大きさであっても相談できます。小さな状態であれば、美容皮膚科に相談するのも良い方法です。メスを入れずにレーザーで切除が可能なのか確認できますし、術後の皮膚の状態を丁寧にケアできるメリットもあります。気になる状態から、すべすべの肌の状態に改善できるだけでも、精神的に安心できるので、悩んでいるのなら相談するのが最善の対策です。自分の手で触れてみて、凹凸感がなくなってすべすべの状態に改善できても、皮膚に痕跡があるのは理想的ではありませんから、美容皮膚科で見た目も美しく整えられるかを確認します。美容外科は手術の安全性が高い印象が強く、美容皮膚科は美しい肌を取り戻せる印象が強くなります。どちらかに依頼するのも良いのですが、症状に応じて臨機応変に診察を使い分けるのも良い対策です。いぼを切除するのは、美容外科でも美容皮膚科でも基本的には同じですから、どのような手術が可能で、どのようなアフターケアが行われるのかを確認しながら決めるのが一般的な流れになります。いぼだけの処置であれば、それほど悩む必要がありませんので、診察を受けたときに悪性でないか検査してもらい、適切に処置してもらいます。いぼが気になるだけでなく、肌のくすみが気になる場合は、美容皮膚科が心強いです。美肌に改善できる要素があるかどうかを確認できるからです。いぼを含めて、皮膚全体を美しく改善したい場合は、化粧水や乳液などの美容液の使い方をアドバイスしてもらうと効果的になります。切除した場所だけの縫合の処置や薬によるアフターケアは外科でも可能ですが、美肌を意識した皮膚全体のケアは皮膚科のほうが軍配があがります。なにを改善したいのかを自問自答しておくと、どのように処置してもらいたいかが明確になりますが、自分一人ではかえって悩みや不安を助長しかねませんので、カウンセリングしてもらいながら検討するのが理想的です。話しやすいかどうかで医師を選んでも大丈夫です。